シンガーMIMOGYの働くオトナのココロと音と。

働くオトナの心に寄り添うポップソウルシンガーMIMOGY-ミモギィ-がお送りする雑記ブログ。 現代社会で働くオトナの心に寄り添う音楽や文章をお届けします。

北海道札幌市出身、身長170cmのAB型。北海道大学法学部卒業後上京し、大手IT系コンサルティング会社に就職。
度重なる激務や末期癌による父の死などが重なり、心身共に疲弊した結果うつ病に。「生きること」と正面から向き合う中で、秘めていた音楽への想いに正直になることを決意。
2014年11月からMIMOGY-ミモギィ-として音楽活動を開始。
クラシックピアノとブラックミュージックをルーツにし、現代社会で生きるオトナたちの心に寄り添う歌詞を乗せた音楽を届けている。
全ての歌詞は実話から。ドキュメンタリーを歌います。
HP(https://www.mimogy.net/
シンガーソングライターを始めた理由(http://mimogy-popsoulmusic.blog.jp/archives/21453126.html

音楽活動全般

不特定多数の100人より、一人ひとりと向き合って曲を届けたい。

なので、わたしは全然メジャー向きではないですねw

 

いいのですそれで。

既存のレールに乗ることにも興味がないし。

 

人との関わり方って、個人それぞれ違うと思うのですが、わたしは一対一あるいは少人数で深く付き合いたいなと思うタイプです。

心を開くのには時間がかかるし、同じ感覚を感じない場合はすごく最初は警戒してしまうんです。

 

反対に、この人同じ人種だ!と思ったらソッコー打ち解けますがwww

 

大抵AB型かA型の人のような…

 

わたしはAB型です。

「わかるー!」と言われるのにも慣れてます。

失礼とも思わず受け入れ態勢を整えています。

 

ただ、ほとんどの場合は、だんだーんと打ち解けるものです。

わたしだけではないと思いますが。

 

そんなMIMOGY。

 

一人ひとりとじっくり向き合って、そして曲を作っていくって、わたしだからできることだと思ってるんですよね。


たった一人のためだけの楽曲制作プロジェクト「Only One Song For You」募集締め切りました。


このプロジェクトは今年から始めて、今年すでに3曲が誕生しました。 どの曲も、たった一人の人生や想いが実話になってます。 これは北海道の依頼者の方にお届けした「雪祭りの夜に」のライブ映像。 パーカッションは北海道の素晴らしい音楽家である田中K助さん。 あ、本当はピアニストですw ピアノと生み出す楽曲が本当に魅力的で。音楽に対する姿勢も尊敬している。 この日は共演2回目でした。 次回の共演は8月24日(木)@札幌平岸フライアーパークです。 良かったら来てね。 この「雪祭りの夜に」も8/23(水)リリース予定のフルアルバム「ハタラクオトナノドキュメンタリー」に収録予定です。 レコーディングが終わった音源を聴いたら、びっくりするぐらい良いと思いますので!(強気) アレンジがねー、自分の頭の中のアレンジがそのまんま体現できたようなものになったので、大満足なんですよね。 わたしだけ満足しても全く意味ないのですが、ちょっとR&Bちっくなポップスが好きな方とかはきっと気に入ってくれると思うので、公開までもう少し待っててください♪ そして本日、久しぶりのメルマガ経由の「Only One Song For You」募集をさせていただきました! 早速ご応募頂いたので、今回はもう締め切ってしまいました。 ご応募ありがとうございました(*'ω'*)

次の曲のテーマは働き女子の乙女心

今回応募してくださった方は女性です。 テーマは乙女心ですね。 きゃー!! 乙女心がテーマの曲を作るのはめちゃくちゃ久しぶりなので、こっちまでドキドキしてしまいますね。 やる気満々です! また今回も満足してもらえるように、いろいろとヒアリングせねば…! このOnly One Song For Youを通して曲を作るときは、いろいろと根掘り葉掘り依頼者の方に聞いて、その情報を基に歌詞を先に書いてから曲を作るという感じで進めるのですが、さらけ出してもらえるほど曲が作りやすいですw 心が通じ合うようなやりとりになることを期待しながら、準備を進めようと思います。 ではでは今日は、この辺で。 MIMOGY-ミモギィ-

8/23(水)リリース予定の初フルアルバム「ハタラクオトナのドキュメンタリー」RECの模様をちょっと公開!

ついに今月より始まりました。


レコーディング。


image



音楽活動に本腰を入れて走り続けて三年目。

ひよっこから鶏くらいになりましたかね?
まだ全然ですが。

そんな私が今年一番力を入れて取り組んでいるのが、このアルバム「ハタラクオトナのドキュメンタリー」の制作。

今月からレコーディングが始まりました。

今までは全部を一人で完結させて作ってきましたが、今回からは強力なサポートを得ての制作。
ある意味スタートラインになる最初の作品ですからね!

師匠宅にて。



去年私がニューヨークに行くきっかけをくれた人でもありますが。


いつも制作においては、全てわたしが自分で曲を作って、セルフプロデュースというのを貫いているのですが、今回はこんな流れでやっています。


(アルバム制作の流れ)
1.MIMOGY作詞作曲(コンセプトが大事!)
2.とりあえず家でデモ制作(引きこもりの日々です)
3.内容共有&アレンジ打ち合わせ(プリプロとも言う)
4.打ち合わせを元に音源制作(ピアノとボーカルはわたし)

バンドと違って、自分である程度デモの段階で作り込むので、スタジオに入って打ち合わせがー、なんてことは発生しません。
シンガーソングライターならでは?
バンドの方々は大変そうですよね。


6/14(水)は、ちょっと打ち合わせできていないところもあったので、曲の話し合いもしつつ、ピアノとボーカルのとある曲をレコーディングしました。

image



実はとある曲のイメージが二人合っていなくて、1曲歌入れ以外完成!ってくらいの状態だったのにやり直しになりました…笑


わがまま言ってすみませんー!!!
でもこれは譲れないの(;´・ω・)


「納得できるものを作った方が良いから」と、さらっとやり直しを引き受けてくださってありがとうございました(/_;)すみません(/_;)
あのアレンジも好きだったんですよ…歌詞に合わなかっただけです…とても美しかった!


このアルバムがタイトルになった、ワンマンライブも開催決定!

MIMOGY活動3周年記念ワンマンライブ
「ハタラクオトナのドキュメンタリー」
日程:11月11日(土)
会場:神保町楽屋(東京都千代田区神田神保町1丁目42−7)

詳細は今月末に発表予定です!
まずは予定をチェックチェック!

この日は今後の活動に関する大事なご報告もあるので、その場でみなさんに報告したいなとも思っています。
ぜひご来場ください!


ここで、今回のアルバムに入る楽曲紹介!第2弾。

入るのは、「ハロー!シュレッダー!」です(*'ω'*)



自分の周りの働くオトナの方々へ、どんなことにストレスを感じますか?とインタビューしながら歌詞を作っていった1曲。

ストレスによる愚痴って、長時間聞かされたりすると、聞いてる方は疲れたりするじゃないですか。
わたしもあんまり愚痴られ続けると、そのせいでストレスが溜まったりします。

そこで、日ごろの愚痴を歌にすれば楽しくなるし、ストレスも解消できるんじゃないかと思って、みんなで楽しめるような歌を作りました!


山積み仕事をシュレッダー
嫌味な上司をシュレッダー
残業時間をシュレッダー
だめだお給料もらえなくなる


このサビで、みんなで手をぐるぐるするのがライブの定番ですw

ライブでは定番ソングとなっているので、ぜひみんなでやりましょう!

6月のライブは、22日(木)@神保町楽屋と23日(金)@浅草橋ボーノボーノです!








ご予約はこちらから


8/23(水)にリリース予定の初フルアルバム「ハタラクオトナのドキュメンタリー」CDジャケット制作中を少し公開。

働くオトナの心に寄り添うポップソウルミュージックを一人でも多くの方にお届けできるように活動中!

そんな私、今年でシンガーソングライターMIMOGY活動3周年を迎えます。



以前のブログ「なぜ、わたしは今シンガーソングライターをしているのだろうか?」にてお知らせしましたが、8/23(水)にMIMOGYの初フルアルバム「ハタラクオトナのドキュメンタリー」がリリース!!\(^o^)/



あと2ヶ月ちょっとです。

初めてのフルアルバムということで、今回はコンセプチュアルなアルバムになっております。


そのコンセプトとは、現代社会で働くオトナたちのリアルを歌った、全て実話を元にしたショートストーリー集のようなアルバム。
仕事、恋愛、家族、さまざまなテーマで作られた楽曲10曲が収録。
うち4曲は、MIMOGYの活動である「Only One Song For You 」から生まれた楽曲となります。

今回は、全部顔の見える人がいる上で曲になっています。
インタビューしたりして作っていますから!


音のクオリティも今までで一番です。
わたしの今の声を活動当初と比較すると、目も当てられない?いや、耳も当てられない…?


そんなアルバムレコーディングは明日からですが、CDとしても手元に残る作品として良いものを作るべく、デザイナーの友達が頑張っております(*'ω'*)

今はデザインのラフを作っているところ(※これは確定ではないです※)
42




今回の写真は、1stミニアルバム「Stairs to soul」のときと同じカメラマンさんが札幌で撮ってくれました。
のりさんありがとうございました!




撮った写真を少し公開してみます。

こんな風に寄りかかってみたり。
DSC_5590



振り返ってみたり。
DSC_5685



座ってパソコン開いてみたり。
DSC_5814



今回はアルバムイメージに合わせて、わたしが脚本を練っているような雰囲気を出せたらと思い、模索。
できる女風!('ω')ノ


収録楽曲はメルマガで随時公開しています。


せっかくなので1曲だけ紹介させていただきます。

収録楽曲その1は、二人の日々。

デモ音源公開版


ライブ映像(2014年12月のもの!)



この曲で、人のために曲を作って届けることの幸せを知ったのでした。
そして、この曲が作れたから、わたしは約1年半くらいやっていた音楽活動を辞めようと思っていたけど、やっぱり続けることにしたのでした。

いろんな意味で鍵となるこの曲、今回はアレンジを変えて豪華なサウンドにしつつ、わたしの初期の声ではない今の声でレコーディングしなおすという形でお届けします!


自分自身も楽しみですが、この曲を好んでくれる方々にも気に入ってもらえると思います。
お楽しみにー!!


このアルバムのタイトル「ハタラクオトナのドキュメンタリー」がライブタイトルになった、活動3周年記念MIMOGYワンマンライブ開催決定!

MIMOGY活動3周年記念ワンマンライブ
「ハタラクオトナのドキュメンタリー」
日程:11月11日(土)
会場:神保町楽屋(東京都千代田区神田神保町1丁目42−7)

詳細は今月末に発表予定です!
まずは予定をチェックチェック!

この日は今後の活動に関する大事なご報告もあるので、その場でみなさんに報告したいなとも思っています。
ぜひご来場ください!


★今月のライブはこの二つです★
6月22日(木)
会場:神保町楽屋(http://rakuya.asia/model/jinboucho.shtml
〒101--0051 東京都千代田区神田神保町1-42-7 ソマードビル1F

前売2000円(1オーダー別)

開場:18:00 開演:19:30
19;30 MIMOGY
休憩
21:00 Kyat


6月23日(金)
★星降る夜の音楽祭 〜第四夜〜
★6/23(金)@浅草橋ボーノボーノ
http://pizzashige.net/

open18:30/start19:30
2,500円+2オーダー
【出演】 小川エリ/梶有紀子/MIMOGY
20170623 bono



7月8日(土)はMIMOGY企画スリーマンライブ!
20170708

2017年7月8日(土)
場所:下北沢BREATH
OPEN 19:00 START 19:30
前売2500円(2オーダー別)
出演:MIMOGYトリオ、南紗椰、東潤子


東北ツアーも決定!







SHOWROOM生配信中にいきなり人を中傷。暇か病気か…?

ざんねんだけど、すごく心が病んでるんですかね…?

もしかしたら、人との関わり方がわからないのかも。

SHOWROOM配信中にいきなり誹謗中傷!びっくりしました…




月曜日以外はSHOWROOM生配信にてライブやおしゃべり配信をしています。
ツイキャスとか、ニコ生とかに似ている、生配信ライブのアプリケーションです。
ミュージシャン枠で配信させて頂いていますー。 

なんで月曜日はやらないのかというと、定休日だからです。

ごめんなさい((´∀`))

息切れしないようにっていうことで。
Music Barなのでね…
メンテナンスが必要なんですっ。



この前は、お酒に合うおつまみを実際に試食してみよー!!


という企画で。


あ、SHOWROOMのときは衣装とか着てませんー。
ゆるりと配信。
いつもご視聴ありがとうございます。 


今回は視聴者の方が、
「チーズにはちみつをかけて食べてみて!!おいしいから!」

とコメントをくださいましたので、やってみようではないか!と。
BGMはやっぱりジャズだよねーという話をしていたので、
迷わず最近また聴いている Sarah Vaughanを選んでかけながら… 


配信してたら!!!


初めて見るらしき方が突然、あいさつもなしに、
こんなコメントをしてきました。

==========================
「え、かおww」
「髪型やばくないすか?」
「こけし」
「こけし」
「こけし」
==========================


一瞬かたまったんですけど…

え、これはまさかの!


ひぼうちゅうしょう!

というやつではないですか!?


( ゚Д゚)


なんか、すごいですよね。
全く見たこともなく、関わったこともないのに、 いきなり配信見て、こういうコメントするの。


あなたの心のほうが、よっぽどやばいと思うんですけど。


なんか、昨日見てくれてた方々まで不快な気持ちになってたら、すみません…。 
ちょっとひどいと思いまして、リアルタイムで配信中に
「不快なコメント書くならブロックしますけど、良いですか?」って言ったら

「え、ブロックは…ごめんなさい」

って慌てて謝ってコメントを残しておられましたが。
そのあとに顔色をうかがうような低姿勢なコメントをされていましたが。

じゃあやめなよ最初からww
大丈夫ですか?


せっかくチーズにはちみつかけたのにー(/_;)
おいしいよねって話を何も考えないでしたかったのにー(/_;)
あ、ちなみに、このチーズのはちみつがけは超絶おいしかったです!!
配信中は「おいしい」以外の単語でおいしさを表現するというルールでした。
他にもたくさんの簡単おつまみレシピをコメントしてくださって、
どうもありがとうございましたー!

ネット上で人を中傷する暇があったら、自分のために時間を使えば良いと思う。

本当に、ネット上の匿名空間で人を中傷する暇があったら、自分のために時間を使ってほしいです。
人をつつく暇があったら、人生を豊かにする時間に使った方が良いんじゃないですか?

それにしても、なんで3回も「こけし」って書いたんですかね。
強調したかったのかな?
わたしは、こけしではない!!!

なんか、悲しいね…。
久しぶりに傷ついたわ。


こんな精神状態の人が、日本という世の中にはそれなりの量でいるということを、昨日は改めて思い出したのでした。 

そのうちこのブログにも
「こけし」
「こけし」
「こけし」
とかコメントされるんですかね…。
コメント欄の封鎖を今からしておこうかなぁ。
そういうので無駄にショックとか受けるの嫌なんですよね。
慣れろという説もあるけど…。
ちょっとまだそこまで図太くはなっていない。
 

こんなことしちゃうのって、やっぱりうっぷんが溜まって吐け口がない人たちが、世の中にたくさんいるということなんだろうなぁ。


人を傷つけている人は、何よりも自分が傷ついている。

それを知ってほしい。
自分の傷が深まるだけなんですよ。
何も解決しませんし。

…そんな環境には、どんな作品が必要なんだろうね。
吐き出したい気持ちを代わりに歌うことが必要なのかなぁ?

やりきれない気持ちを音楽にしてお届けするということもできるので、良かったらお問い合わせください。

★たった一人のキモチや人生、実体験を楽曲にしてお届けする活動やってます★
「Only One Song For You」


SHOWROOMのルームも、フォローお願いします★ 
新曲毎月配信!非公開情報もお届けしているメルマガ登録はこちら


 
疲れすぎて休憩したい、そんなときのお休みソング
「心のバリア」








なぜ、わたしは今シンガーソングライターをしているのだろうか?





ということで、昨日はちょっと発表の前置きとして、わたしが音楽活動でやりたいことをだだっとTwitterで書いてみました。
読んでくれた方もいらっしゃいますよね、ありがとうございます。

「なぜ、わたしは曲を作って歌を歌うのだろうか?」ということと向き合うことは、
「なぜ、この仕事をするのだろうか?」ということと向き合うことと同義です。

やりたいこと:激務な労働者を経験した過去を活かして、音楽を通して働くオトナの心に寄り添いたい。

苦い過去を今に活かせるかどうかは考え方次第。


前に、会社員として、新米コンサルタントとして配属された最初のプロジェクト。
そこで疲弊する毎日を繰り返していたときは、激務以外の何物でもありませんでした。

朝6時半に起きて、満員電車(札幌出身としてはもう常に無理レベル)に毎日乗って、着いたら休む暇もなく、休憩はお手洗いに行く時間くらいしかなく、常に100%集中しないと!と緊張した毎日を過ごし、気づけば夜の22時半くらい。

それでもまわりの同僚よりは労働時間は短い方だったので、マシだったのかもしれません。
ちなみにその職場では、よく人がいきなり倒れてタンカーで運ばれていました。
座ってパソコンを触っているだけのはずなのに。


本当に、どんどん体調がおかしくなる日々を過ごしていた。
ときどき気を抜いて余裕を持てるほど、わたしは優秀ではなかった。
職業柄お客さんのところに常にいる必要があったのだけど、わたしは当時は頭ごなしの叱責などが多くて人が怖くなっていた。
なので、人といるだけで気疲れしてしまっていたし、ましてやクライアント先にずっといないといけないなんて、それだけで苦痛だった。


簡単な話、入ってみたら合わなかったってやつです。

わたしより年上の、見るからに体力も気力も有り余っていそうな男性の同期は、よく体にじんましんを出しながら「全然大丈夫っす!全然大丈夫っす!」と言いながら大量に仕事をこなしていました。

メンタルが強いのか、鈍感なのかわからなかったなぁ…。
「無理です」を言いづらかったみたいだけど。
今もそこで働いているらしい。


…ここでは、わたしは単なる労働者でしかなかったんですよね。

学んだこともたくさんあるけれど、失ったこともたくさんあった。

おそらくまぁまぁ高いスキルを得たし、日本社会の縮図をたくさん見ることができた。
でもその代わりに、心身ともにボロボロになってしまった。
そして人に絶望した。

なんでこんなロボットみたいに働かされないといけないんだろうって、毎日思っていた。
「なんでお前だけ先に帰るんだよ」という無言の圧力もすごくストレスだった。
毎日吐いたし、貧血がひどくなったし、毎週胃炎で病院に通っていたし、頑張れって言われると死にたくなっていた。


激務を、楽しんで過ごす人もいます。
仕事が楽しくて仕方ないので、帰りたいなんて思わない人がいます。
それは、きっとその人に適している仕事なのでしょう。
本人が納得できているなら、たぶん苦痛はあまり感じないように思います。
最初にそんな職業に恵まれるなんて、幸運すぎてうらやましいです。
その人は、楽しく働いているから、これからも幸せでいてほしいなと思います。

一概に、ワークライフバランスが…という話ではなく、楽しいか楽しくないかだと思います。


激務に見えても、激務だと思わないくらい楽しいことは世の中にたくさん存在します。
わたしはこの数年、気付いたら1日12時間くらい練習していたり、1日中引きこもって曲を書いていたり、そんな日を送ることも多いですが、それを激務だなぁとは全く思わないのです。

おなか空いたなぁっていうのは思うけど、辛すぎて死にそうとは思わないのです。
楽しく働くってそういうことなのかなと思いました。


今は、自分自身の音楽活動の中で、過去をもっとプラスに捉えて楽曲に活かせばいいじゃないか、と思っています。
こういう経験をしているシンガーソングライターは、あまり世の中にたくさんは存在していないのかもしれないし。

去年くらいから歌詞は毎日書いていて、鍛錬を積み重ねていたのですが、自分の曲を通して現代社会で無理をする人の心が少しでも和らいだら良いなって、そう思っています。

MIMOGY「心のバリア」

これからも、時には重く、時には軽やかに、いろいろな歌詞を書いて楽曲をお届けしていきたいと思っています!



今、世の中には、楽しく働けない人がたくさんいます。
若者の自殺率がめちゃくちゃ高いのも、精神病患者が増加し続けているのも日本の特徴です。
なんとなく、わたしはどうすればいいんだろう?って、悩んでいる人もたくさんいるのかなと思います。

そういう状態の中で生きている人たちに、わたしができることは本当に小さいことだけれども、
でも、自分ができることをやりたいなと、唯一「好き」の情熱が続いて消えない音楽を通してできたらいいなと、そんなことを思っています。


この気持ちを言葉にできるようになったのは、ここ半年くらいなのですが、ちゃんと言葉に出して言えるようになったから、これからは一層この気持ちを大事にしていこうと思います。 


今年やること:働くオトナの10のドキュメンタリーを楽曲にすること










ということで、フルアルバムを制作している真っ最中です!
続報はメルマガで21時に送ります!
お楽しみに!

今週はMIMOGY企画ライブですよ!
今回は振付がある曲をやるから、ぜひぜひ一緒に楽しみましょう!






 
働くオトナの心に寄り添うポップソウルシンガーMIMOGY-ミモギィ-。全ての歌詞は実話から。「Only One Song For You」やってます。SHOWROOM(https://t.co/AUfcFSn9zU)にてオトナMusic Bar 配信中♪
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索