弾き語りソウルシンガーミモギィ-MIMOGYのLIFE and WORKS

コンサルタントからミュージシャンに転身、弾き語りソウルシンガーミモギィ-MIMOGY-が働くオトナの心に寄り添う音楽と人生哲学を発信するブログ。

北海道札幌市出身、身長170cmのAB型。
3歳からクラシックピアノを学ぶ。中学生のときにラジオから流れるLauryn Hillの歌声でブラックミュージックを知り、R&B、Soulといったジャンルの音楽を中心に聴くようになる。
北海道大学法学部卒業後上京。コンサルティングファームに就職したが、激務で心身共に疲弊し鬱病に。自分の気持ちと向き合いながら、もともと秘めていた音楽への想いに正直に生きることを決意。2014年11月からミモギィ-MIMOGY-として活動開始。
90年代R&Bの他、70年代Soul MusicやAcid Jazzにも影響を受けている。
シンガー、そしてソングライターであり、作詞家。
R&B調のサウンドに、働き盛りのオトナたちの心に寄り添う歌詞を乗せて歌い届ける。

(お問い合わせはHP問い合わせフォームより)
http://www.mimogy.net/contact

カテゴリ:シンガー活動 > おすすめ音楽・アーティスト

すごく昔の曲なのかな、いまは。


邦楽も結構聴きます。
シンガーのお仕事の関係で、今は課題曲として80年代後半から2000年代前半くらいまでの名曲を
片っ端から聴いてカバーするということをやっています。

歌い継がれるような一曲を世の中に生み出せると、やっぱりこの上ない幸せなんだろうなぁ。

ドリカムも王道の名曲をたくさん生み出しているけれど、
ドリカムというカラーよりも、楽曲そのもののカラーが強くて、
ドリカムが好きというより曲そのものが好きだから聴くという人が多いんだって、
前に中村正人さんが何かのインタビュー記事で言っていた。

この「決戦は金曜日」っていう曲は、
恋多き女子がいざ本気で恋に落ちるとこんな弾けそうな、ちょっと不安な、
ドキドキした気持ちになるって、地下鉄を心に例えながら歌う歌。

この自信ありげな女子っぷりの中に、女の子っぽいかわいさが混ざっている歌詞が好きなんですよね。

ということで初めてライブでカバーしてみました。

急きょ初めましてのお二人をステージ上に迎え、ぶっつけ本番でww
それもまた楽しいですよね。
ありがとうございましたー!

★次回ライブはMIMOGY東京自主企画ライブ!★
MIMOGY企画~桜Season~
「今あの時を思い出したら」
Open19:00 Start19:20(※画像の時間から変更になりました※)
会場:下北沢BREATH(東京都世田谷区北沢2−14−7下北沢セントラルビル3階)
出演者:T◎no!、and more coming soon、藤原マリア、MIMOGYトリオ
前売:2500円+2オーダー別(2ドリンク、1ドリンク1フードどちらでも可)

↓画像の時間ではなくて、上記の時間で確定しました!お間違いなきよう!↓
image
 
 
ご予約はこちら 

★MIMOGYのオンラインショップ、在庫情報更新(部屋整理したら少し違いましたww)★
オンラインショップはこちら
一部売り切れ間近のCDについて、滑り込みのご注文が多く入りまして、
発送を順番に準備しています。
ご注文から1週間以内にはお届けしますので、いましばらくお待ちください><
 
3月19日(日)はティータイムライブもあるよ♪
 2017/3/19 日曜日
会場:中目黒Bar Oops!(東京都目黒区上目黒3-14-5-4F)
開場 14:30   開演15:00
入場料 
・事前予約の方2500円
・当日入場の方 2800円
【共に選べるドリンク付】
★事前予約者にはさらに手作りスイーツ付き
 
◎手作りスイーツは事前予約者対象です
◎当日入場可能です
 
出演者:MIMOGY(15:00-)/八木愛介/池田夢見


その他のスケジュールはこちら   

今ヘビーリピート中です。


ホセ・ジェイムズというシンガー。
ジャズシンガーとしてよく紹介されますが、今回はR&B色が強いアルバム。

このLive Your Fantasyはめちゃくちゃかっこいい!!


イントロのボーカルのビートから惹かれる。
イントロからAにノリノリで進んで、Bメロでメッセージを聴かせちゃう感じ。 

Live Your Fantasyなんて。

Fantasyを現実にして生きてやると、

そんなことを思わせてくれる曲です。
一緒に踊っちゃうような一曲!

Bメロの
We only get one life to live
Time's ticking away, time's ticking away

まさにその通り!!

だから1秒も無駄になんてしたくないなぁ。

このアルバムを作ったホセは、
「どんな状況でも生きていかないといけない、だから美しい瞬間を楽しみつつそれを離さないように」って、そんなメッセージを込めたかったらしい。

ぜひご試聴あれ!!


曲を作るということには、込めるメッセージがあって。
アルバムって、一貫したメッセージがあって。

そんなアルバムを私も今年、作ります。
(ひっそりとお知らせ)

もう、コンセプトは決まっている。
そして、今までは全部音源制作からレコーディングまで一人でやっていましたが、
今回は素晴らしいアレンジャーの方にもご協力頂きながら、良いものを生み出します。


武者震いがする!

なんて((´∀`))


私の最新ライブ映像も順次up中!


★次回ライブ★
image
Open19:00 Start19:20(※画像の時間から変更になりました※)
会場:下北沢BREATH(東京都世田谷区北沢2−14−7下北沢セントラルビル3階)
出演者:T◎no!、and more coming soon、藤原マリア、MIMOGYトリオ
前売:2500円+2オーダー別(2ドリンク、1ドリンク1フードどちらでも可)
 
ご予約はこちら 

★MIMOGYのオンラインショップ、在庫情報更新(部屋整理したら少し違いましたww)★
オンラインショップはこちら
一部売り切れ間近のCDについて、滑り込みのご注文が多く入りまして、
発送を順番に準備しています。
ご注文から1週間以内にはお届けしますので、いましばらくお待ちください>< 

 3月19日(日)はティータイムライブもあるよ♪
 2017/3/19 日曜日
会場:中目黒Bar Oops!(東京都目黒区上目黒3-14-5-4F)
開場 14:30   開演15:00
入場料 
・事前予約の方2500円
・当日入場の方 2800円
【共に選べるドリンク付】
★事前予約者にはさらに手作りスイーツ付き
 
◎手作りスイーツは事前予約者対象です
◎当日入場可能です
 
出演者
MIMOGY(15:00-)/八木愛介/池田夢見


その他のスケジュールはこちら  

こんみも。ミモギィです。


この曲を書いてからもう2年以上経過したと思うと、しみじみしてしまう、そんな午後です。


日曜日、多くの人にとってはお休みの日。
BGMをかけてお掃除したり、ゆっくりコーヒー飲んだり、
お出かけしながらイヤホンから流れる音楽に耳を傾けたり。


今日は、私が日曜日の午後におすすめしたい曲ベスト3を紹介します^ ^
自分の好きなアーティストが中心にはなってしまいますが、
何を聴こうかなーと思っている方、どうぞ。 

Don't wanna know by Incognito

ボーカルがMo Brandisのときの楽曲。
敬愛するIncognitoの1曲。
Incognitoの素晴らしさを挙げたらキリがありませんが、
Acid Jazzと呼ばれるジャンルの先駆者である彼ら。
親日家でもあり、リーダーのギタリストBlueyのライブ中のMCは感動もの。
気づいたらメンバーが変わっていることがありますが、それを含めてIncognitoというコミュニティ。
さわやかに過ごしたいときに、このDon't wanna knowがおすすめ。 


Caught In The Rapture by Anita Baker


敬愛するAnita Bakerの曲。
夕方から夜にかけて聴きたいような1曲。
少しハスキーがかった艶のある声と、バックのエレピを聴きながら夜に備えたい。 


こちらも夕方から夜にかけてちょっと早いお酒を片手に聴きたい。
Chaka KhanのOne For All Time

歌詞は、忘れられない恋人を想いながら浸るもので、グッと切ない。
このギターのバックとエレピとベースラインと、楽曲としてとても参考にもなる1曲。
Chaka Khanはとても好きなアーティスト。

ベッドでごろごろしながら好きな音楽を聴いたり、本を読んだり。
日本語の歌も良いですが、軽く聴いていたいときに洋楽を選ぶというのもアリかもしれませんね。

私の楽曲も聴いてみてください♪
「コスモクロックを見つめたら」



1/31(火)は錦糸町マルイ前にてストリートライブ(19:30-)です♪
終了後少しだけ物販有、お気軽にお立ち寄りください。

★HPを更新しました★
4月頭までのライブ情報を更新しました♪
2月は北海道、3月は自主企画ライブです。
ご都合と好みに合わせていらしてくださいね(^^)/
詳細はこちら 

★本日SHOWROOM配信は20時より★
今日はラジオ配信です。配信はこちら 

すでに来日しているIncognitoの新アルバムについて。
リーダーはこの方、Bluey。


毎年数回は日本に来てくれます。

Acid Jazzの先駆者として走り続ける彼らがリリースした最新アルバムのタイトルは、In Search Of Better Days。



布袋さんが参加してたり、元JamiroquaiのベーシストStuart Zenderが参加してたり、女性ボーカルはMeysaがたくさんfeatureされてたり、確かなクオリティ。

個人的に好きな曲を選んでみた。

Just Say Nothing(ライブ映像)


頭の管楽器から「おぉ!」ってなる。
What are you doing don't stop!!
って言ってるとこで止まりたくなりますねー!
Vannessaのボーカルはパワフルなのに女性らしくてセクシー!!
そして衣装がいつも工夫されてるんだよー*(^o^)/*

Better Days

サウンド的にこのハウスな感じとピアノのバッキングのバランスが◎

Looking for Better Days
Searching for Better Days

このアルバムのタイトルに通じる大事な曲。
後半の方でボーカルのバックで弾いてるギターメロディもかっこいい。意思がある感じ。


Incognitoは生ライブをメインに世界中を回って活動するバンドで、あまり表立ってメディアにたくさん出ているような印象はないのだけど(テレビ見ないからわからないけど…笑)、日本には本当にたくさん来てくれていて、ファンをとても大切にしている人たち。
何よりもライブに直接行くことをおすすめしたいですね^ ^
私も11日の最終日に行きまーす!

またレポ書こうかな。


昨日は来週からのNY音楽ツアー向け合同練習でした★行ってくるよー!


今月ライブはこちら!
10/27(木)@原宿クロコダイル、出演は19:40からです*(^o^)/*

ご予約はHPのコンタクトフォームより♪

MIMOGY

ミュージシャンのブログですが、あまり音楽ネタばかり書かない私。

今日は3連休お休みしたブログを更新しよう!
ということで、1カ月後に迫ったNY行きの準備の合間に、個人的セレクトによる名曲たちをご紹介します♪
最近は洋楽離れが著しいらしいですが、やはり良いものは素晴らしいですよ。


(You Make Me Feel Like)A Natural Woman(Aretha Franklin)
 
アメリカのシンガーソングライターCarole Kingが作った楽曲。
白人が作った曲を黒人が歌って大ヒットを記録した不朽の名曲。
この映像は去年の映像ですが、第一声から心わしづかみ。
映像中で、楽曲を提供したCarole Kingが泣きながらガッツポーズしてるのも感動的。
Arethaは現在74歳。
すごすぎる。Queen of soulの異名を持つ生きる伝説。

実はこの曲、10月にNYで歌わせて頂くので練習しているのですよ…
あぁ…難しい(/_;)
学ぶものが1曲でこんなにあるなんて!
ちょーーー楽しいですけどね。


次にジャズスタンダードとしても有名な、For all we know。

Donny Hathawayのアルバムは何枚か持っているのだけど、お気に入り楽曲のひとつ。
完全にDonny Hathawayの曲のようですが、実はカバーなんですよね。
これは秋の夜に選びたい。
そして弾き語りしてみたい曲だけど、怖くてできない曲でもある笑

Angel-Chaka Khan

こちらも超絶大好きな楽曲。
Chaka Khanの曲はThrough the fireが有名ですが、Angelも超名曲だと思う。
傷ついた日に聴いたらすぐ泣きそうだけど…。
心を閉ざしまくっているときに聴いてみて下さい。

Chaka Khanの曲もNYで歌うので、久しぶりにいろいろ聴いてたらリピートしまくってしまいました。


そしてAngie Stone

このアルバムBLACK DIAMONDの楽曲は全部好きなんだけど、特に好きな曲。
若干マイナー?でも関係なく好きなのは、このグルーブ感ですかね。

結局個人的な好みによる偏りが著しいですが…

こんな方々をよく聴きながら生きてきました。

シンガーなら余計に、洋楽を聴いてばかりだと
つい歌詞よりメロディやボーカルを聴いてしまったりする。
日本語の歌詞も研究したいところですね♪

今日の練習曲たち。
10月のNYレッスンと貴重なチャレンジたちのために…♪
image


★ライブスケジュール更新しました★
HPから下記にリンクしています。
そのうちHP上のスケジュールもちゃんと更新しますが、今はこちらのイベント情報からご覧ください。
11月は神戸と札幌もあります♪

★ライブ映像をUPしました★
9/10(土)@下北沢lownにて自主企画ライブ時コラボソング「Distance」


MIMOGY



 

↑このページのトップヘ