ドキュメンタリーシンガーMIMOGYのLIFE and WORKS

コンサルタントからミュージシャンに転身。 ドキュメンタリーシンガーMIMOGY-ミモギィ-が働くオトナの心に寄り添う音楽と人生哲学を発信するブログ。

北海道札幌市出身、身長170cmのAB型。北海道大学法学部卒業後上京し、コンサルティングファームに就職。
度重なる激務や末期癌による父の死などが重なり、心身共に疲弊した結果うつ病に。「生きること」と正面から向き合う中で、秘めていた音楽への想いに正直になることを決意。
2014年11月からMIMOGY-ミモギィ-として活動を開始。クラシックピアノとブラックミュージックをルーツにし、現代社会で生きるオトナたちの心に寄り添い代弁する歌詞を乗せた音楽を届けている。全ての歌詞は実話から。ドキュメンタリーを歌います。

カテゴリ:シンガー活動 > おすすめ音楽・アーティスト

普段あまり聴かないアーティスト、John Mayerの新作にハマっています。

The Search for Everything
John Mayer
Sony
2017-04-14


きっかけはラジオでしたが…
だからやっぱりラジオは良い!

わたしのサポートギターのAkiraくんがたまに弾くのを聴いていたというレベルで、
このHerbieのアルバムを聴きまくっていたとき以外はそんなに気にかけていませんでしたが…


あ、Herbie Hancockは神です。


今回気に入ってしまったきっかけは、この曲。

Still Feel Like Your Man


John Mayerはギターとボーカルのイメージだったのですが、
この頭の部分のピアノとボーカルで「むむ!!?」と耳が反応し、
サビのギターのシンプルなコード弾きと間奏のメロディで「ドキドキ!!」とし、
ドラムのシンプルなビートとハーフビートに転換するところでときめき…

朝にも夜にも合うおすすめの1曲!


Apple musicで聴きながら外を散歩してたのですが、
構成もA⇒B⇒間奏⇒A⇒Bと進み、途中でCが登場する形で、
メロディーも歌詞もシンプルで良いなーと
リピートしまくっていました。
こういうソウルっぽい感じはとても好きなんですよね。
他の今までのアルバムも全部Apple Musicのお気に入りに追加しました。
有料会員の地位をフルに活用している。

そして、2番の頭出しの歌詞は、女性はドキッとするかもですね!
わたしはしたよ!!!いろんな意味で!!

I still keep your shampoo in my shower
In case you wanna wash your hair

これをどう取るかは、人によるんじゃないでしょうかねー。
わたしはいろいろな気分になりましたww

ただ、疑問が残っています。

その疑問とは!

なぜミュージックビデオの舞台が中国っぽいのかということと、
なぜ踊ったのか??ということです。

踊ったのは、ファンのリクエストに応えたらしいですが。

サビで踊るシーンのミスマッチ感がかえって好感度アップなのかな。
それにしても、なんでパンダとか中国マフィアみたいな人が出てくるんだろう…。
あえてそうした理由がわからない…ここはまだ掴めていないww


音だけ聴きまくったあとにMVを見たら混乱しましたが、
もうちょっと聴いてみようと思いました!

普段ピアノ弾き語りが多いので、ピアノのほうが聴いてしまうのですが、
ギターの曲を聴くといろんな発見があって幅が広がって楽しいですね。
いろいろと聴いてみようではないか!


★ベースやギターとも一緒にライブをしています★
Mr.Middle Generation


Alicia Keys 「If I ain't got you」


★今週末日曜日は、横浜ジャズフェス出演です★
吉田町アートジャズフェス

●アート&JAZZフェスティバル概要●
日 時:2017年4月22日(土)&23日(日)11:00~17:30
場 所:吉田町本通り
(〒231-0041 横浜市中区吉田町 最寄駅:関内駅、桜木町駅、京浜急行日ノ出町駅)

<アコースティックライブステージタイムテーブル>
1 11:00 11:30 MIMOGY(ピアノ弾き語り)
2 11:35 12:05 下側哲也(ギター弾き語り)
3 12:10 12:40 カラフルパレット(ギター&ボーカル)
4 12:45 13:15 南紗椰(ピアノ弾き語り)
5 13:20 13:50 小野亜里沙(ピアノ弾き語り)
6 13:55 14:25 MIMOGY(ピアノ弾き語り)
7 14:30 15:00 下側哲也(ギター弾き語り)
8 15:05 15:35 カラフルパレット(ギター&ボーカル)
9 15:40 16:10 南紗椰(ピアノ弾き語り)
10 16:15 16:45 小野亜里沙(ピアノ弾き語り)
11 16:50 17:20 浅羽由紀(ピアノ弾き語り)

★横浜が舞台のオリジナル曲「コスモクロックを見つめたら」★
 

★5月13日(土)はMIMOGY自主企画ライブ★
日程:5月13日(土)
場所:下北沢BREATH
(世田谷区北沢2−14−7下北沢セントラルビル3階)
​開場:19:00 開演:19:30
前売:2500円(2オーダー別)
出演者は計4組!MIMOGYはトリオで出演!
20170513

ライブ詳細等はHPスケジュールで公開中!ご予約もHPより。
 

完全にわたしの独断と偏見ですが。
自分の備忘を兼ねて、ブログに書いておきます。
気に入ったものがあったら追加していこうと思います。


★The Beatles /Good day Sunshine(1966年 アルバム「Revolver」収録)


すごくわかりやすくて良い。

I need to laugh, and when the sun is out
太陽が出てないときこそ、笑うのが必要だよね。


そうそう!!
Good day sunshineって、歌いたくなる!
あまり頭を使いたくないときに口ずさんでいます。

 
このRevolverというアルバム自体が好きだけど、
この曲はもやもやしたときに気楽に行こうと思える曲。
若干インドっぽい音楽の要素も取り入れられてて、面白いアルバムですよー。
リボルバー
ザ・ビートルズ
ユニバーサルミュージック
2013-11-06



★Aretha Franklin/Baby I love you(1967年アルバム「ARETHA ARRIVES」収録)

この古くさい感じがゾクゾクしちゃってなんとも言えないですね!
初のアレサのヒット曲「I Never Loved A Man」と同じ作曲者。
女王アレサのアトランティックレコード移籍後2作目のアルバム。

収録曲全部必聴!という感じなのですが、このBaby I love youは、
Roberta Flack & Donny Hathawayでもカバーされているので、
聴き比べをしたらおもしろいかも?
カバーバージョンもめちゃくちゃ良いです!
ピアノが好きな方はぜひ聴いてみてほしい。
Roberta Flack & Donny Hathaway
Roberta Flack
Atlantic / Wea
1995-10-19




★Marvin Gaye / What's going on (1971年アルバム「What's going on」収録)
 
鉄板ですが。忘れないですが念のため。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第6位。

これは、黒人差別に関する重い歌詞を軽やかに歌うこのライブ映像。
社会問題を取り上げた歌詞に、苦悩する自分をさらけ出す姿勢は、
当時の人には衝撃だったそうですね。
重いんだけど、その重さを感じさせ過ぎないクオリティがすごいなと思います。
今抱えてる問題なんて、大したことじゃないかもですよ。

あぁ本物のライブが見たい!無理だけど…

もともとこの「Ain't No Mountain High Enough」で有名になりましたよね。

名曲だ…



★Stevie Wonder/I Wish(1976年「Songs in the Key of Life」収録)

Stevieのやんちゃな子供時代?が歌われた1曲。
ファンキー!
ライブバージョンのほうがやはり生きてる音ですごい。

目見えてるんじゃないか…本当は。
と思う人は多数いるらしい。
こんなNAVERまとめ記事がありました。
全盲なはずの「スティービーワンダー」!目が見えている決定的瞬間の映像

目が見えない設定…なの?

なんでもいいけどStevieは大好きです。


そして忘れちゃいけないLady Gagaのカバーバージョンも。
かっこよすぎて卒倒!
 

 ★Candy Staton / He Call Me Baby(1971年アルバム「Stand by Your Man」収録)
 
最近このCandiさんにハマっている。
サザン・ソウルのファーストレディー。
ディープで芯のある声で歌い上げるところがツボです。 
静かに体に入ってくるような声を出す人だと思う。


随時追記していきます!

MIMOGYの楽曲はこちら!

 
 

すごく昔の曲なのかな、いまは。


邦楽も結構聴きます。
シンガーのお仕事の関係で、今は課題曲として80年代後半から2000年代前半くらいまでの名曲を
片っ端から聴いてカバーするということをやっています。

歌い継がれるような一曲を世の中に生み出せると、やっぱりこの上ない幸せなんだろうなぁ。

ドリカムも王道の名曲をたくさん生み出しているけれど、
ドリカムというカラーよりも、楽曲そのもののカラーが強くて、
ドリカムが好きというより曲そのものが好きだから聴くという人が多いんだって、
前に中村正人さんが何かのインタビュー記事で言っていた。

この「決戦は金曜日」っていう曲は、
恋多き女子がいざ本気で恋に落ちるとこんな弾けそうな、ちょっと不安な、
ドキドキした気持ちになるって、地下鉄を心に例えながら歌う歌。

この自信ありげな女子っぷりの中に、女の子っぽいかわいさが混ざっている歌詞が好きなんですよね。

ということで初めてライブでカバーしてみました。

急きょ初めましてのお二人をステージ上に迎え、ぶっつけ本番でww
それもまた楽しいですよね。
ありがとうございましたー!

★次回ライブはMIMOGY東京自主企画ライブ!★
MIMOGY企画~桜Season~
「今あの時を思い出したら」
Open19:00 Start19:20(※画像の時間から変更になりました※)
会場:下北沢BREATH(東京都世田谷区北沢2−14−7下北沢セントラルビル3階)
出演者:T◎no!、and more coming soon、藤原マリア、MIMOGYトリオ
前売:2500円+2オーダー別(2ドリンク、1ドリンク1フードどちらでも可)

↓画像の時間ではなくて、上記の時間で確定しました!お間違いなきよう!↓
image
 
 
ご予約はこちら 

★MIMOGYのオンラインショップ、在庫情報更新(部屋整理したら少し違いましたww)★
オンラインショップはこちら
一部売り切れ間近のCDについて、滑り込みのご注文が多く入りまして、
発送を順番に準備しています。
ご注文から1週間以内にはお届けしますので、いましばらくお待ちください><
 
3月19日(日)はティータイムライブもあるよ♪
 2017/3/19 日曜日
会場:中目黒Bar Oops!(東京都目黒区上目黒3-14-5-4F)
開場 14:30   開演15:00
入場料 
・事前予約の方2500円
・当日入場の方 2800円
【共に選べるドリンク付】
★事前予約者にはさらに手作りスイーツ付き
 
◎手作りスイーツは事前予約者対象です
◎当日入場可能です
 
出演者:MIMOGY(15:00-)/八木愛介/池田夢見


その他のスケジュールはこちら   

今ヘビーリピート中です。


ホセ・ジェイムズというシンガー。
ジャズシンガーとしてよく紹介されますが、今回はR&B色が強いアルバム。

このLive Your Fantasyはめちゃくちゃかっこいい!!


イントロのボーカルのビートから惹かれる。
イントロからAにノリノリで進んで、Bメロでメッセージを聴かせちゃう感じ。 

Live Your Fantasyなんて。

Fantasyを現実にして生きてやると、

そんなことを思わせてくれる曲です。
一緒に踊っちゃうような一曲!

Bメロの
We only get one life to live
Time's ticking away, time's ticking away

まさにその通り!!

だから1秒も無駄になんてしたくないなぁ。

このアルバムを作ったホセは、
「どんな状況でも生きていかないといけない、だから美しい瞬間を楽しみつつそれを離さないように」って、そんなメッセージを込めたかったらしい。

ぜひご試聴あれ!!


曲を作るということには、込めるメッセージがあって。
アルバムって、一貫したメッセージがあって。

そんなアルバムを私も今年、作ります。
(ひっそりとお知らせ)

もう、コンセプトは決まっている。
そして、今までは全部音源制作からレコーディングまで一人でやっていましたが、
今回は素晴らしいアレンジャーの方にもご協力頂きながら、良いものを生み出します。


武者震いがする!

なんて((´∀`))


私の最新ライブ映像も順次up中!


★次回ライブ★
image
Open19:00 Start19:20(※画像の時間から変更になりました※)
会場:下北沢BREATH(東京都世田谷区北沢2−14−7下北沢セントラルビル3階)
出演者:T◎no!、and more coming soon、藤原マリア、MIMOGYトリオ
前売:2500円+2オーダー別(2ドリンク、1ドリンク1フードどちらでも可)
 
ご予約はこちら 

★MIMOGYのオンラインショップ、在庫情報更新(部屋整理したら少し違いましたww)★
オンラインショップはこちら
一部売り切れ間近のCDについて、滑り込みのご注文が多く入りまして、
発送を順番に準備しています。
ご注文から1週間以内にはお届けしますので、いましばらくお待ちください>< 

 3月19日(日)はティータイムライブもあるよ♪
 2017/3/19 日曜日
会場:中目黒Bar Oops!(東京都目黒区上目黒3-14-5-4F)
開場 14:30   開演15:00
入場料 
・事前予約の方2500円
・当日入場の方 2800円
【共に選べるドリンク付】
★事前予約者にはさらに手作りスイーツ付き
 
◎手作りスイーツは事前予約者対象です
◎当日入場可能です
 
出演者
MIMOGY(15:00-)/八木愛介/池田夢見


その他のスケジュールはこちら  

こんみも。ミモギィです。


この曲を書いてからもう2年以上経過したと思うと、しみじみしてしまう、そんな午後です。


日曜日、多くの人にとってはお休みの日。
BGMをかけてお掃除したり、ゆっくりコーヒー飲んだり、
お出かけしながらイヤホンから流れる音楽に耳を傾けたり。


今日は、私が日曜日の午後におすすめしたい曲ベスト3を紹介します^ ^
自分の好きなアーティストが中心にはなってしまいますが、
何を聴こうかなーと思っている方、どうぞ。 

Don't wanna know by Incognito

ボーカルがMo Brandisのときの楽曲。
敬愛するIncognitoの1曲。
Incognitoの素晴らしさを挙げたらキリがありませんが、
Acid Jazzと呼ばれるジャンルの先駆者である彼ら。
親日家でもあり、リーダーのギタリストBlueyのライブ中のMCは感動もの。
気づいたらメンバーが変わっていることがありますが、それを含めてIncognitoというコミュニティ。
さわやかに過ごしたいときに、このDon't wanna knowがおすすめ。 


Caught In The Rapture by Anita Baker


敬愛するAnita Bakerの曲。
夕方から夜にかけて聴きたいような1曲。
少しハスキーがかった艶のある声と、バックのエレピを聴きながら夜に備えたい。 


こちらも夕方から夜にかけてちょっと早いお酒を片手に聴きたい。
Chaka KhanのOne For All Time

歌詞は、忘れられない恋人を想いながら浸るもので、グッと切ない。
このギターのバックとエレピとベースラインと、楽曲としてとても参考にもなる1曲。
Chaka Khanはとても好きなアーティスト。

ベッドでごろごろしながら好きな音楽を聴いたり、本を読んだり。
日本語の歌も良いですが、軽く聴いていたいときに洋楽を選ぶというのもアリかもしれませんね。

私の楽曲も聴いてみてください♪
「コスモクロックを見つめたら」



1/31(火)は錦糸町マルイ前にてストリートライブ(19:30-)です♪
終了後少しだけ物販有、お気軽にお立ち寄りください。

★HPを更新しました★
4月頭までのライブ情報を更新しました♪
2月は北海道、3月は自主企画ライブです。
ご都合と好みに合わせていらしてくださいね(^^)/
詳細はこちら 

★本日SHOWROOM配信は20時より★
今日はラジオ配信です。配信はこちら 

↑このページのトップヘ